INFORMATION

遺言書作成お受けしています。

なぜたった一枚の遺言書を作成するだけで遺産分割争いに巻き込まれなくなるのか

 ⇨ 遺言書作成サービスははこちら

 

以下に当てはまる場合は、ご検討をオススメします。

☑️お子様や相続人がいない ☑️内縁関係のご夫婦 ☑️自宅以外に財産がない ☑️財産を渡したくない相続人がいる ☑️兄弟姉妹が仲が悪い。

遺言書を残したいけど…

✅誰に相談していいかわからない ✅手続きが難しそう✅どの遺言制度がいいかわからない ✅いろいろまとめて相談したい

遺言書を自分で作るのは大変です。

遺言書は自分で作成できますが、法律上の決まりも多く、時間と手間もかかりますので、多くの方は専門家へ相談されています。


遺言書の記載方法の不備で遺言が無効になる場合があります。

自筆証書遺言はパソコンで作成すると無効となり、相続人ご本人が全文を手書きせねばならず、代筆も認められていません。

また、日付が入っていなかったり、入っていても「○年○月吉日」などの記載ではダメです。

署名、押印についても筆者の氏名を自筆し、印は実印でなくても有効ですが、訂正をする場合には厳格な方式が定められており、ちょっとした不備で遺言が無効になる場合があります。


自分にぴったり合った遺言の方式はどれか?

遺言書には、 通常、普通方式による自立証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類 がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、よく考えて自分にあった遺言書を選ぶ必要があります。

 


今ならご相談無料!

遺言書作成サービス 遺言書作成のご相談は

  • 相談時間は60分。(それ以降は延長料金)
  • 遠方の方は弊社までお越し願います。又はお近くの場合はどちらか。

最近の記事

  1. 相続でよくある誤解3選
  2. white outdoor lounge chairs
  3. 外国人1
  4. flags of usa and israel placed near dollar banknotes
PAGE TOP